ストレッチポールのご紹介①

皆さん、こんにちは!
今回はストレッチポールのご紹介です。
皆さんはストレッチポールを使ったことがありますか?
人のからだは日常生活の中で偏った動作(動作のくせ)を繰り返し、同じ筋肉を使ってしまうためその筋肉だけが硬くなってしまします。
ストレッチポールはそのような硬くなった筋肉ほぐし、ゆるめる効果があります。
お一人でも簡単に実施できるため、続けやすくおすすめです(^-^)
長時間使用することは体への負担となる場合があります。
使用の際は長くても20分を目安としましょう。
 
【基本姿勢】
①乗り方
f:id:medicalfitnessplum:20210703112637p:plain
ファスナーのある方を足側に、ストレッチポールの縫い目が背骨に当たらないよう調整しましょう。
f:id:medicalfitnessplum:20210703112654p:plain
頭からお尻までがストレッチポール上に乗るようにゆっくりと仰向けの姿勢になります。足幅を調整し、安定感のある姿勢を保ちましょう。


②降り方
f:id:medicalfitnessplum:20210703112718p:plain
お尻から横に滑るようにポールから降ります。
f:id:medicalfitnessplum:20210703112733p:plain
使用後はすぐに起き上がらず、すこし仰向けでリラックスしましょう。
 
それでは、今回は胸がほぐれる種目のご紹介です。
【腕ひろげエクササイズ】
f:id:medicalfitnessplum:20210703120500p:plain
手のひらを上に向けからだの横に置きます。
f:id:medicalfitnessplum:20210703120528p:plain
肘を床につけたまま、手の甲を滑らせるように両腕を肩の高さまで広げましょう。
ゆっくりと元の位置に戻します。
腕をひろげる際には息を吸いながら胸を広げることを意識してみましょう。
肩のつっぱり感や痛みのある場合は無理せずその手前までの動きでOKです。
回数は10~15回を目安にゆっくり繰り返しましょう。
 
【バンザイエクササイズ】
f:id:medicalfitnessplum:20210703124912p:plain
天井に向けて腕を伸ばします。

f:id:medicalfitnessplum:20210703124132p:plain
バンザイをするように両腕を矢印の方向に動かしましょう。
このとき、鼻から大きく息を吸うように意識してみましょう。
ゆっくりと元の位置に戻します。
ばんざいの姿勢の際には腰がストレッチポールから浮かないように注意しましょう。
回数は10~15回を目安にチャレンジしてみましょう。
 
無理なく出来る範囲で、お体を気持ちよくほぐしていきましょう(^O^)
やり方がわからない方はスタッフまでいつでもお声掛けください!